Cinema na Yoru * 第11夜
カリメロ王国は【ヒカリノナイエイガ】として70年代邦画中心にセレクト。照明もBOYSTOWNCAFE異端な定例イベント【ヒカリノナイオンガク】に近くセッティング。
次回のヒカリノナイオンガクではここら辺かけようと考えてます。
⚫︎犬神家の一族サントラのおどろおどろしい琴の音の曲 『呪い住みし館』
⚫︎地獄のサントラ 山崎ハコの『兄妹心中』
ま〜作品は近親相姦のテーマに因果応報だったりとアングラ小劇団な匂いのする作品。なんとも好き嫌いは分かれるよね。(僕は好き)
⚫︎やさしいにっぽん人(セリフ入り)緑魔子
実は、この映画は観てないんだよね。緑魔子の歌や声が良いんだよね〜あがた森魚の『昭和柔侠伝の唄(最后のダンスステップ)』での台詞からの歌もそうだけど70年代初頭の新宿感満載。
⚫︎もう頬杖はつかないのサントラで荒井沙知『しゃぼん玉消えた』
この映画は70年代後半の匂いのする作品で大好き。桃井かおりはここら辺から女性の目指す女性となって行った気がする。気怠く吸う細巻き煙草やボブヘアーな女子大生が80年代初頭に蔓延ったのも彼女の影響力!歌は〇〇は地獄は落ちろ、⬜︎⬜︎は地獄へ落ちろと繰り返され気持ち良し
⚫︎ ジーンズ・ブルース 明日なき無頼派の『ジーンズぶるうす』 梶芽衣子。俺達に明日はない的な感じを 梶芽衣子と渡瀬恒彦 が疾走感あるB級映画にしてくれてます。70年代的な格好良さが良く出てて良いですね〜歌もまたアバズレ風で◎
⚫︎これだけ80年代、鈴木清順のツィゴイネルワイゼン。サラサーテ本人の演奏(本編の中でも出てくる)原作の内田百聞の短編2作品をまとめたような内容でなんとも不思議な映画。80年代のニューウェーヴな空気感も感じれて面白いですね〜。原作も映画も好きです
⚫︎70年代ゴールデンコンビ山口百恵、三浦友和による絶唱から『木挽き唄』。初の2人によるデュエット……って、これデュエットなのね。戦争で引き裂かれた婚約者達は百恵ちゃんが死んでしまい、それでも結婚式をする『赤いシリーズ』を拡張させた様な得意の不幸モノ。
⚫︎あっ、もう一つ80年代の夜叉。トゥーツ・シールマンスのハーモニカがハードボイルドな『海鳴り』。内容は好みの問題だろうが今日かけた中ではまとまっているけど薄い。YaKsaと書いて夜叉と読ませる(YaKsaはヤクザとも読める)………ダジャレ的な⁈
次のDJサスガワタリさんは恐怖溢れるパニック映画音楽なども多く、そのままヒカリノナイオンガク照明で良かったかも……
最初の犬神家の一族がミュートされてますが他はまだtwitchアーカイブで聴けます。明るい気持ちにはなれませんが………https://www.twitch.tv/boys_town_cafe