レコード屋巡りをしている話をSNSでしたらDJ伝内くん(安いレコードですら高い技術で名曲に変えるDJ錬金術師)から連絡があり一緒に下北沢のレコード屋に行くことに。友達とレコードツアーに憧れていたので一つ夢がかないました。伝内くんは下北沢にDJをはじめた時に住んでいたらしく今は店が変わっていたけど思い出の修行時代のDJバーの場所なども巡ってみる。そしてまずはフラッシュディスクに……300円コーナーをひたすら漁る。試聴できないから久しぶりのジャケットだけで……☆!!なんか良さそうな……ジャケットじゃないか?ロマンティックラテン。曲を見ると「君の瞳に恋してる」「ビギンザ ビギン」「慕情」「ミスティ 」ほか良さそうなセレクト。さらに先の100円コーナーに移ってみる。ま〜いらないものが多い中…ポールヤングのジョイデビジョンのカバーの入ってるやつ発見。何でジョイデビジョン?と思うところもあり長く買わなかったけど100円なら……ラテンナイト、ニューウェーヴナイトと良いネタも安くそろった時。みつばちマーヤのドイツ盤発見!アニメナイトが8月にあるしな!ジャケットかわいいな〜。そういえば世界旅行中、たぶんイタリアかスペインに今もマーヤのお菓子とか売っていた事を思い出す。こんな感じで800円は買いだろ。

最後に300円のシングルレコードからシカゴ。名曲イントロダクションが33回転で入ってる。長い曲だからな〜。

さて続いてはいつものディスクユニオン。下北店はとても良いイメージを持っているので今日も期待大!

新入荷コーナーからアニメで使える、いやピコピコナイトでも使える「日出処の天子」イメージアルバム……イメージ?ってよく考えたらなんなんだ?この頃の漫画に多いんだよね〜とは言え漫画花とゆめを代表する作品。この時の花ゆめはパタリロもあったし同性愛ものが豊富だったのは何故?500円くらい

class of 55!メンフィスはサンレコードのレジェンド4人によるアルバム。プレスリーも生きていたら参加したのかなぁ〜?ロイ・オービソン、
ジョニー・キャッシュ、ジェリー・リー・ルイス、カールパーキンス。凄い!もう大興奮。これも500円くらい

あんな田舎な街にサンレコード、スタックス、ハイとあるところが凄いよな〜写真は前に行った時のサンレコード90年代、英国のクリエイション・レーベルから良質のギター・ポップ
18 Wheelerのシングル。ここら辺はCDなんだけれどレコードの値段も下がってきててついついアナログ欲しくて見つけると買ってしまうね。380円

今日1番信じられない出来事は100円コーナーにジャッキー&ロイがあった事だ。前回のJAZZイベントでもかけたお気に入りのグループ。このレコード持ってるけどだいぶ盤が傷んでるので予備で購入。ジャケット見てるだけでもいいね〜前からリクエストがあるけど、このレコードを持っていなかった。人気曲ダディシューズも入ってるし300円なので購入しておこう。ARBとかハウンドドックとかってパブロックっぽい曲がたまにあるよね……しかし……どこがアレキサンダーラグタイムバンドなんだよ?って思うバンド名だよね〜

そして伝内くんが勧めてくれた100円の怪しいオムニバス。日本の覆面バンドがジャングルブギーをやっているらしい……見るとバックマンターナーが3曲、オハイオプレイヤー、ポールモーリア、キャロルなんかも入っている。岩崎宏美、布施明のカラオケみたいなやつも……ライナーノーツではあなたも歌ってみてください…とある。以上本日の収穫でした。

ついでに家に帰ったらネットで買ったレコードも届いていたので紹介します。

Hank The Knife And The Jets ‎– Stan The Gunmanは海外から取り寄せたEP

ともかくB級なロックンロールが好きすぎて…しかし日本では本当に見たことない。300円プラス送料。送料の方が高いねそして高岡早紀。

加藤和彦さんの作った曲。加藤さんは女性シンガーとの相性の方がいい気がするね。80年代あたまのヨーロッパ志向がいい形で熟成して高岡早紀さんの曲になってますね。アンニュイな感じでいいですね〜

今のところ店も営業できませんので、またレコードを掘ったら報告します。あとレコード一緒に見に行く方も募集しよう!楽しかった。ありがとう伝内くん。